貯蓄率は40%を達成!2017年7月の給与と家計簿を公開、ついでに金融資産も

 

2017年7月の給与、手取り25万に惜しくも届かず

会社に不満を持ちつつ、今月も無事に給与をもらえました。それでは早速7月の給与明細を公開します。

7月の総支給額:293,908円

控除額合計:52,799円(社会保険料、昼食代込み、住民税無し)

手取り額合計:241,109円

6月の給与に比べ、残業代が少なくなった分、手取り額は減りました。やはり月20時間くらい残業しないと手取りで25万円超えないですね。基本給が安すぎ。

2017年7月の家計簿

先月から妻もパートに出たため、妻の給与も入り、ダブルインカム家計になりました。それにより、給与に対する貯蓄(投資信託分含む)の割合を示した貯蓄率は40%超を達成

ダブルインカム家計になりましたが、生活費は基本的に私の給与から支払い、妻の給与はそのまま貯金してもらっています。

ただ、この家計簿の中に含まれていない支出もあったので、実際の貯蓄率はもっと低いです。

黒字に貢献した費目(交際費、光熱費、交通費・移動費)

黒字に貢献した費目の中でガス代がありますが、夏場はお風呂をためることがなく、シャワーばかりだったのでだいぶ安くなりました。

また、7月は特にどこかに出かけることもなかったので、交際費や交通費がかからず、トータルの生活費は20万円を切ることが出来ました。

さらに私自身のお小遣い2万円も散髪代(4,000円)しか使っていないので、残りの16,000円はそのまま投資資金になる予定です。

節約する費目の筆頭は通信費

私が使用している携帯はauですが、今年の10月で24ヶ月縛りがなくなるので、10月になったら速攻で格安SIMに切り替える予定です。それによりいま月々1万円ほどかかっている携帯代が月々2,000円になる予定

それと家計簿上の「保険料」なのですが、これ自動車保険なんですよね。自動車保険だけで毎月15,000円はきつい。この保険代をなんとかしたいのですが、今後の節約の課題になります。

これから力を入れるといった副業の進捗状況は?

ぜんぜんダメです。まずはブログのアクセスを得られるようになるのが課題です。マネタイズ(収益化)はそれから考えます。

せめてブログのアフィリエイトで今年中に月1万円、稼げるようになるのを目標とします!

2017年7月の金融資産残高、来月は200万円達成なるか?!

いままで別の記事にしていましたが、特に分ける意味もないので、今月から家計簿記事に金融資産残高を組み入れることにしました。

NISA 投資信託 日本円 382,063円
損益 +27,058円
ドル 570,894円
損益 +10,629円
特定口座 ドル 757,598円
-49,763円
合計 1,710,555円
先月末比 +256,398円
合計損益 -12,076円

7月はアメリカ個別株のIBMを147ドルで追加購入したので、損失額が膨らんでいます。さらに最近の円高により円換算評価額も先月に比べ減っています。IBM以外はすべて最終損益がプラスになっているのでIBMが足を引っ張っていることになりますが、長期投資が前提なのでそれほど気にしていません。むしろ米国市場に暴落が来ないか期待しているくらいです。そのためにもある程度のキャッシュは準備しておかなければ。

その他、アメリカ株の個別株であるAT&Tを購入しようと思ってましたが、先日の好決算で一気に株価が上がってしまい、買いそびれてしまいました。

もう少しNISA枠でETFを買い付けしていきたいのですが、2017年の残りのNISA枠が28万円ほどしかなく、いま積み立てている国内の投資信託でほとんど使い切ってしまう予定です。

2018年の来年のNISAは国内投資信託を止めて、米国ETFを中心に買い付けしていく予定です。

今年からはじめた米国株投資の配当金は合計66.84ドル

今年からはじめた米国株投資の配当金は66.84ドルになりました。毎月10ドル(1,000円)ほどもらえていることになります。

勝手に転がる雪だるま式(配当金や分配金を再投資してさらに株・ETFを買うこと)でもらえる配当金を増やしていきたいのでこの米ドルはPFFの買い付けに当てていく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です