私たち夫婦が婚活サイトのブライダルネットで結婚できたわけ


結婚が決まるまで2回しか会わなかった私たち夫婦

以前の記事でも書きましたが、私たちは婚活サイトのブライダルネットを利用し結婚しました。

32歳がけっぷち、3ヶ月以内に絶対に結婚したいなら婚活サイトの利用をおすすめします!

当時、私は中国にいて、10月の中国の建国記念日である国慶節に日本へ一時帰国し、帰国してから婚活相手であった女性(いまの妻)と会ったのですが、正式に付き合う前に会ったのはその1回だけでした。

そして私から交際を申し込み、彼女が上海に遊びに来たときに正式にお付き合いすることになりました。そして彼女が日本帰国の日に空港に向かう帰りのタクシーの中で「結婚しよっか」となり、結婚しました。

そんな私たちはつい先日、結婚2周年を迎えました。

ブライダルネットを婚活で利用して結婚できたわけ

ブライダルネットのずばりここが良かった

ブライダルネットの良かったところは当時の口コミが好評だったことと、月額利用料金が3000円程度で安かった点です。

ブライダルネットに入会後に知ったことですが、ブライダルネットは他の大手婚活サイトに比べ利用者数が少ないのですが、結果からいうとあまり関係なかったです。

あとはやはり私自身が海外にいたため、自分を知ってもらうために日記を書く、という機能がついていたからです。

一月3,000円なので、結婚相談所などに比べると格段に安いですけどね。

ブライダルネットについてもう少し詳しく書いた記事をアップしました。

婚活サイトのブライダルネットを利用したら3ヶ月で結婚できました

最初は婚活サイトの結婚詐欺やサクラの存在を疑っていたけど

特に女性がこのような婚活サイトに登録するのは最初は抵抗があるかもしれませんが、ブライダルネットに登録してみて、逆に女性会員の結婚に対する真剣さにびっくりしました。

ちなみにブライダルネットでは同性の利用者を検索することも出来ませんし、同じように同性が書いた日記も見ることが出来ません。同性愛者は利用できませんね。

ただ、ブライダルネットの女性会員が書いている日記の中で男性会員の日記に対してコメントを書いている日記も多数あったので、男性会員がどのような日記を書いているのかはたまに想像していました。

相手にアプローチしても振り向いてもらえないことが当たり前

ブライダルネットでは条件のいい男性会員でも断られることが少なくありません。実際に私の妻も「年収条件だけいい男性」からアプローチをもらったりしていましたが、話を聞くとやはり性格に問題ある人(もちろん好みもあると思いますが)が多いのも事実。そういう男性はだいたい自分の年収が高いことにあぐらをかいて(俺だったらすぐに結婚できると勘違いしている)女性を見下していたりします。

女性は口では「結婚するなら年収が高くて経済力がある人がいい」と言っていたりしますが、世の女性が本当に経済力だけで男性を選び、結婚している人は少ないと思いますし、仮にそれだけの理由で結婚したらうまく続かないと思います。

まだブライダルネットで結婚して3年目のひよっこですが、妻は私によく言います。

「結婚とはその人と生活していくこと。生活をイメージできなければ結婚は出来ない」

顔の見えない世界だからこそ、ありのままの自分を見てもらう必要があるのです。そのために自己紹介を細かく書いたり、日記を書いたり、プロフィール写真に気を遣ったりするのです。

ブライダルネットに登録したらとにかく日記を書くこと

ネット婚活の中で自分を知ってもらう有効な方法として、日記で自分の考えを伝えることが大切です。以前の記事(【結婚とお金】30代がけっぷち、3ヶ月以内に結婚したいなら婚活サイトの利用をおすすめ)でも書きましたが、私は女性へのアプローチ(あいさつ)は1回も成功しませんでした。それなのにブライダルネットのたった4ヶ月という短い婚活期間で10数名との女性会員とメールでやり取りが出来ましたし、数名の方とお会いすることが出来ました。

私の場合、すべて日記がつなげてくれた縁でした。

ブライダルネットに登録したけど、何からはじめればいいか分からない人はまずは日記を書くことをおすすめします。日記を書くことによってコメントをもらうことが出来れば、他の会員とのつながりは格段に増えます。

さらに、当時の私のように仕事の関係で海外に在住しながら婚活をしている人にとっては、日記などで自分のことを相手に知ってもらい、地道に女性に自分の良さをアピールしていくしかありません。

ブライダルネットの女性会員が気をつけるべきこと

婚活サイトはネット上のコミュニケーションであり、不快に思うことも多々あると思います。特に中にはストーカーまがいの事件に発展してしまうケースもあるかも知れません。実際に女性会員の書く日記の中には「不愉快な男性会員」と題した批判的な日記を見ることも少なくありませんでした。

ただ、遊び半分で利用していた人はいなかったように思いますし、男性会員とのやり取りも直接メールアドレスや携帯電話の番号を教える必要がありませんので、相手をしっかりと見極めてから次のステップに移行できるように運営のほうで配慮されています。

婚活サイトは最後の砦?

婚活サイトの利用はやはり抵抗がある、と思っている人も多いと思います。事実、私もそして妻も最初は婚活サイトに登録するのに抵抗がありました。

ブライダルネット経由で結婚をした後も周りから結婚の馴れ初めを聞かれても、声を大にして「ネット婚活で知り合いました」とは言えません。でも仲の良い友人に話しても特に偏見を持たれることもないし、最近では普通に周りに「ネット(婚活)で知り合いました」と言っています。しかも驚くことに私たちと同じようにネット婚活で結婚した人が結構いることに驚きました。

婚活サイトや結婚相談所を利用すれば私だって結婚できる、と思っているかもしれませんが、残念ながらこういう婚活サイトを利用しても結婚できない人は出来ません。

もちろん登録しただけでは結婚できません。登録してからも自分から動かないと結果につながりません。待っているだけではダメなのです。

もし婚活をはじめたなら、ネット婚活は不安、と思う前に登録だけでもしておいて損はありませんよ。

ブライダルネットの登録は以下から↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です