狭いところに引越し? 私が3LDKマンションから2LDKアパートに引っ越すときに捨てたもの

 

引越しって面倒ですよね。

でも引越しだからこそできることってあると思います。それは断捨離です。人生で不要なモノはどんどん捨ててシンプルに生きよう、そんなライフスタイルに憧れる人が増えています。

引越しは断捨離の絶好のタイミング

片付いていると見えても、家の中って結構モノがあふれています。モノの多さを痛感するのはやはり引越しのときでしょう。

最近ではモノを少なく、不必要なものは持たない暮らしを目指す人が増えています。シンプルライフや断捨離という言葉が流行りだしたのもここ最近のことです。

私もどちらかというと余計なモノを持ちたくありません。妻もこの考えに賛成してくれています。もちろんシンプルライフが良い・悪いという話でもないので、この生活をあなたに強要することもありません。

3LDK70平米から2LDK50平米のアパートに引っ越した

私の転職を機にいまの2LDK50平米のアパートに引っ越してきました。今までは感じていなかったのですが、家の中ってモノがあふれていますよね。

そこで私が引越しをしたときに捨ててきたものをまとめてみました。

ちなみに捨てたものは軽トラック1台分になり、街の便利屋に依頼し、引き取ってもらいました。

生活の必需品? 別にいらなかったソファー

ソファーって必要ですか?

私が引越しで今のところよりも狭いところに引っ越す際に真っ先に捨てようと思ったのは「ソファー」でした。新婚生活用にニトリで買った3万円ほどのソファーでしたが、買ったはいいけど、結局リビングの場所をとるだけで、テレビを見るときに寝転がるくらいしか使い道がありませんでした。

いまのリビングにはソファーはありませんが、私生活で全く支障はありません。仮に今後、もっと広いところに引っ越すことになってもソファーは買わないでしょう。

本や漫画、参考書や学術書

私は日本に帰ってきてから本などはほとんど図書館で借りて、めったに本屋に行って本を買うことがありませんでした。いまでも家にある本は片手で数えられるくらいしかありません。

節約を目的とした理由もありましたが、一番の理由は「引越しのときが面倒だから」です。今回の引越しでも(妻の)漫画や本がかなり出てきましたが、古本買取サービスを利用し、ほとんどの本を売り払いました。

本や漫画は結局のところ消耗品扱いなので、1回読んだ後はほとんど読み返しません。そもそもその1回ですら読んでいない本だってたくさんあったのです。なら売ってしまおう、ということできれいさっぱり売り払いました。

ただ、同じ本でもすでに絶版となってしまい買えなくなった本や、家電製品の説明書などは捨てないほうがいいかも知れません。あとで読もうと思ってもなかなか手に入らないことも少なくありません。

本棚や収納用の衣装ケースなど

本を処分したので、本棚が必要なくなりました。衣類も処分したので衣類用のタンスなども必要なくなりました。

無ければ無いでなんとかなるものです。衣類用のタンスがなくなればそもそも新しく服を買おうとは思わなくなります。一石二鳥ですね。

洋服やタオルなどの布製品

引越しのときに捨てたもので特に多かったのが衣服類でした。服ってあって困ることは無いですよね。この服、いつか着るかもしれない、と思ってなかなか捨てられないのも事実。

私自身も中国から帰ってくるときに数着の服だけをトランクケースに詰め込んで日本に帰ってきました。それから1年しか経っていないのに今回の引越しでも45Lのビニール袋が5枚分くらいの服を捨てる羽目になったのです。

ほんとに断捨離をするなら、服を1着買ったら家にある服を2着捨てる、という風にマイルールを作っておいたほうがいいですね。

ブランド物ではない着古した服はどこの中古品買取業者も引き取ってもらえないので仕方なく市役所や図書館に併設されている洋服リサイクルセンターに持ち込みました。日本、便利!

2台あった車を1台にした

以前住んでいたところは駅も近くなく、職場にも車がなければ通勤できないところだったので自家用車を2台所持していました。それでも引越しのときに探していた賃貸アパートの条件は駐車場が2台分あるところを必須条件として探していました。

でも駐車場が2台分ある賃貸物件ってそんなに無いんですよね。

だから妻と話し合って「職場の近くにアパートを借りるってことで、車を1台売っちゃおうか?」という結論になったのです。

いまでは車を売って大正解だったと思っています。正直、車の維持費が半端無く高いので、個人的にはいま所有している自動車も売りたいくらいです。

1年前に100万円で購入した中古車の査定額がまさかの10万円!

不用品を捨てる前に売れるかどうか確認しよう!

いまは物を捨てるだけでお金がかかる時代。あなたには不用品であっても誰かが必要としているかもしれません。そんなときに利用したいのは不用品買取サービス

家の中でも特に場所をとる書籍関係を売るならやっぱりブックオフですね。ブックオフの買取サービスを利用すれば、出かける必要なく、家でダンボールに本をつめて送るだけで買取してもらえますのでおすすめです。



引越し業者への一括見積もりは無意味!引越し費用をできるだけ安く抑えるためのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です