転職するなら希望年収は高く伝えたほうが絶対にいい理由

 

転職先から条件提示された額は年収500万円だったが

年収500万円でも貯金が全くできず、経済的にぜんぜん余裕のある生活が送れない

35歳、日本帰国を機に日本で正社員として転職しました。「35歳、大学中退、職歴無し、フリーター期間あり」の私を雇ってくれる会社はあるのだろうか」と不安だらけの転職活動でしたが、リクナビネクストを利用し、それほど苦労せずにいまの職場に正社員として拾ってもらうことが出来ました。

転職サイトを利用しながらの転職活動でしたが、希望年収を500万円と書いていました。なぜ希望年収が500万円だったのかについては、35歳男性正社員の平均年収が500万円前後だった、という単純な理由でした。

参考:平均年収ランキング(年齢別):DODA

年収500万円ってどれくらいお金に余裕のある生活ができるの?

一般的に給料の手取り額は総支給額の80%と言われています。つまり、年収500万円の場合、手取り額は税金20%を引いた約400万円となります。

手取り年収400万円の場合、月額にすると手取り給与は33万円になりますが、ボーナスは含まれていません。仮に夏と冬のボーナスを合計した手取り額が60万円(各ボーナスそれぞれ30万円)だとすると、手取り年収は340万円となります。これを月額に直すと、年収500万円の手取り額は約28万円となります。

手取り月給28万円で裕福な生活はできる?

支出の中で一番かかるのが住居費になり、この住居費は一般に手取り月収の約30%と言われています(個人的には手取り額の20%を住居費に当てるのが理想)。28万円の30%は8.4万円となります。ではこの住居費をベースに生活費の内訳を見ていきましょう。※35歳、既婚、子供無しの場合

住居費: 8.4万円
光熱費: 2万円
自動車: 2万円
保険代: 1万円
食費: 5万円
通信費: 1.5万円
夫小遣い: 3万円
妻小遣い: 1.5万円
貯蓄: 4万円
合計: 28.4万円

このようにあっという間に手取り月収の28万円を使い切りました。支出内訳も決して贅沢はしていない金額設定です。交際費もイベント代も含まれていません。もし突然の出費が発生した場合はあっという間に赤字家計になってしまう、年収500万円でも非常に危うい収入ですね。

いま私の月給の手取り額は約20万円です。正直、手取りで28万円あればそれなりに暮らしていく自信もありますが、夫婦二人、手取り月給が20万円足らずでは正直、どうにもなりません

だから私の希望年収は500万円

確かに年収500万円あれば、妻が専業主婦でも何とか食べていける、という自信があった。大学中退だろうが、フリーター期間があろうが、自分を過小評価してはいけない。もちろん過大評価(希望年収が高すぎる)と言われればそれはそれでかまわない。

そうして年収500万円を希望条件として譲らずに転職活動を続け、その希望年収をかなえてくれる会社に転職したのでしたが……

興味本位で自分の経歴にもとづいて適正年収を出してみましたので興味ある人は参考にしてください。

【え、年収1,000万円?】年収を10万円上げることができれば300万円投資したのと同じ効果、まずは労働市場で自分の適正年収をMIIDASで知ろう!

転職1年目は年収300万円

転職先からの条件提示を受けて、「前職よりも年収が上がるからいいか」と思ったのが運の尽きでした。

転職して最初の給与の手取り額は21万円台でした。それが3ヶ月続きます。なぜだか分かりますでしょうか。それは「3ヶ月間の試用期間のため、残業代が含まれないから」です。

転職してから4ヶ月が経ち、夏のボーナス時期になりました。私にもボーナスが支給されましたが、結果は3万円のボーナス(寸志)支給でした。

2017年5月の家計簿と給与と金融資産

ボーナスという名の寸志をもらい、手取り額は25万円まで増えました。転職前の条件提示ではボーナス夏・冬それぞれ50万円だったですが、この寸志のせいで非常に騙された感がぬぐえません。1年目だからボーナスがなくて当たり前、という会社側の主張も分かります。

ただ、転職市場は即戦力が前提です。1年目だからボーナス無し、という会社の主張には納得できません

残業代が含まれず、ボーナスも寸志程度、これでは到底500万円には達しません。

転職活動中の希望給与は手取りをベースに考えるべき

前職の給与は年俸で年収500万円ほどでしたので、手取りでは32万円(残業代、ボーナス代無し)でした。

今回転職した会社の年収も(入社前の提示額は)500万円でした。その提示された500万円には「交通費満額(会社規定)」、「見込み残業20時間分」、「ボーナス各50万円」、「退職準備金(会社規定)」が含まれていたのですが、転職1年目では残業もろくに無ければ、ボーナスもなく、会社に通える範囲に引越しもしたので、交通費も出ません。

私が馬鹿だった、と言えばそれまでですが、転職をする場合、手取りでいくらぐらいになるのか、を先に考えるべきでした。

例えば残業代やボーナスを含まずに月給の手取り25万円をもらえるための年収はいくらになるのか、その基準で転職活動をすればよかったと後悔しています。

そもそもボーナスなんて会社業績によるのだから、もらえればラッキー、程度に考えなければいけなかったのです。

それでも私が転職しない理由

いまの会社は今後、3年は潰れないでしょう。ただ、5年となると分かりません。ここ2年ほどで新しい「仕事の柱」を作れなければ、おそらく5年後には消えている会社でしょう。所詮は斜陽産業の中に位置する中小零細企業の一つです。

転職したばかりなのに、会社が明らかに沈み行く泥舟になっている件について

ここでも書いていますが、おそらく日本の中小零細企業はどこも同じ状況でしょう。人手不足で現場は疲弊し、どんどん人が辞めていき、残っているメンバーにそのしわ寄せが行く。まさに悪循環です。嫌なら辞めろ、と平気で言う上層部。何かを変えようと思っても、何も変わらない事を知っている多数の社員の中に私の声は埋もれていきます。

そんなどうしようもない仕事ですが、私が辞めない理由はただ一つ、それはやはり「日本で生活が出来る」の一言でしょう。日本の生活レベルはやはり世界から比べてもトップレベルだからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です