こんな人が加入すると損してしまう「確定拠出年金制度」

 

確定拠出年金の資金が1428億円も塩漬けになっている事実

先日、このようなニュースが流れました。

Yahoo ニュース:確定拠出年金1428億円塩漬け 転職時など手続きなく

企業が設けている確定拠出年金(DC、加入者約548万人)で、運用されずに放置されている年金の預かり資産が1400億円を超えていることが分かった。DCの加入者が転職時などに必要な手続きを取らなかったためだ。資産は厚生労働省が所管する国民年金基金連合会(国基連)に移されて「塩漬け」になり、老後資金を運用する機会を逃している。

記事によると、転職などにより必要となる確定拠出年金の移管作業をしていない人が57万人になり、運用されずにほったらかしになっている資産が1428億円もあるという内容。このお金ですが、運用されないばかりか、手数料でどんどん目減りしてしまいます。以前の会社でよく分からないまま企業型確定拠出年金に加入し、そのままにしてしまっている人は一度、問い合わせたほうがいいかも知れません。

長期満期の保険商品はインフレのリスクが大きい

以前、私はこの記事(年間5万円以上も得する個人型確定拠出年金制度の申し込みを私が見送った理由)で以下のように書きました。

いま、安倍政権はしきりにインフレに向けて各政策を推し進めています。仮に安倍政権が目標に掲げている物価上昇率を2%と定めるならば、現在25万円で購入することができていたものが、30年後は45万2,840円必要になってしまいます。

確定拠出年金は基本的に60歳まで引き出せません。今後、日本がインフレになり、現在の物価が高くなっていくと予想し、仮にいま1万円を出して買える物が、30年後に2万円出さないと変えないとする時代が来れば、何十年後にしか引き出せない確定拠出年金で積み立てたお金はリスクでしかありません。

こんな人が加入すると損する「確定拠出年金」

ではどんな人がこの確定拠出年金に加入すると損をするのでしょうか。

所得税や住民税の税金の還付を全額受けている人

何度も言いますが、確定拠出年金の最大のメリットは所得控除による節税です。毎年の年末に年末調整をしますが、その際に住宅ローン減税などで税金の還付を全額受けられる人は新たにこの制度に加入するメリットはあまり無いでしょう。

転職を何回もしてしまう人

何回も転職してしまう人は避けたほうが無難でしょう。各企業によって企業型に加入している企業や、転職したあとに個人型に変更手続きなど自分で作業しなければいけないことが多く、その手続きを怠ると上のように運用されるはずだったお金は「塩漬け状態」となってしまう恐れがあります。

さらにフリーターなど無職期間があり、国民年金などにも加入していない状態であると、この加入資格自体、なくなってしまうため、転職を繰り返す人は加入を避けたほうがいいです。

 主婦などの国民年金3号被保険者

そもそも確定拠出年金は「ほったらかしでお金が増えていく」という都合の良い制度ではありません。この制度の最大のメリットは「節税」です。そもそも主婦は扶養されているのが前提なので、所得税や住民税などの税金を払っている人はほとんどいないでしょう。60歳まで引き出せない確定拠出年金に加入していれば、毎月発生する手数料もあれば、口座管理手数料もあります。

主婦のあなたが加入をするのではなく、まず配偶者(夫)が企業型、もしくは個人型に加入しているのかどうか確認するのが先でしょう。加入していなかった場合、配偶者がまずは加入するほうがメリットを享受できます。

メモ:平成29年から改正された確定拠出年金制度について

2017年から個人型確定拠出年金の加入対象者が大幅に拡大されるようになります。大きな変更点としては、今まで加入できなかった「企業年金のある企業に勤めている人」、「主婦などの第3号被保険者」が加入対象として加わります。これにより、いま働いている現役世代のほとんどの人が加入対象となりました。

面倒なことが嫌いな人

はっきり言って、この確定拠出年金はすごく面倒で煩雑です。私のように安定した仕事についていない人、今後転職する可能性がある人は確定拠出年金への加入を止めたほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です