日本の赤字企業が7割と言う現実、なぜ赤字企業は潰れないの?

 

日本企業の7割は赤字決算という事実

常々疑問に思っていました。本当に日本企業の7割りもの企業が赤字決算なのか。赤字、と言うと会社が儲かっていないように思えますが、実際にはこの7割と言う数字は税務署に赤字申告をした企業の数と言うことです。つまり、「儲かっているけど、儲かっていないように見せかけた企業」も含まれます。また、過去に赤字であり、その繰越欠損金で最終的に赤字申告している企業も含まれています。

では赤字企業なのになぜ倒産しないのか?

赤字だろうが黒字だろうが、会社のキャッシュが回っていれば倒産しません。赤字企業なのに倒産しない会社は、「潤沢な自己資金がある」、「銀行からの融資が受けられる」、「出資者からの資金提供がある」事が挙げられます。日本企業の99.7%は中小企業といわれていおり、また、その中でも個人事業主の数もかなりあり、特に個人事業主の場合、経費計算など、かなりアバウトな申告をしている事業主も多いと予想されるので、このデータになっているのだと思われます。つまり、儲かっていないわけではない。

それでも税金を出来るだけ少なくしたい人は

おそらく一番多いのは、役員報酬での調整でしょう。社員数50人未満の企業の経営者でも年収3,000万円以上の役員報酬をもらっているそうです。この役員報酬は1年に1回しか金額を変更することが出来ないので、来期の売り上げ(利益)を予想して役員報酬を決めているケースもあれば、家族を役員にして報酬を支払っているケースなどはよく耳にする話。また、経費に関しても損金算入の判断は割とアバウト(仕事と関係していることが証明できれば損金算入できる)なので、本来であればしてはいけないことですが、「通勤で使うために会社のお金で高級車を購入し、損金にしている」なんてケースも存在しているのでしょう。まあ、税務署も馬鹿ではないのでこんな事をしていれば目をつけられると思いますが。

※3,000万円と言う数字ですが会社の全責任は社長が負っているのでそれでも少ないと言うこともできます。

1年目の決算を終えて

起業から1年以内に倒産する数は5割と言われています。3年以内には7割もの企業が倒産すると言われている時代、2年目に突入できたことを喜ぶべきか。ただ、潰れなかったのは単に「親会社からの借入金が潤沢にあるため」であり、残念ながら会社が利益を出しているわけではありません。無借金経営ですが、私自身、法人は銀行から資金を借り入れることが出来てはじめて一人前、とも思っているので、無借金経営はなんら誇れるものでもありません。法人のクレジットカード1枚すら作れませんし。

先日、この会社の1年目の決算申告を終え、法人税を支払ってきました。儲けも大して出ていないのに、税金ばかり取られるこの国の税制に辟易したのは言うまでもありません。外資企業が日本に参入しない理由が良く分かります。中小企業の社長だって汗水たらして稼いだお金のほとんどを税金で取られると思うと、はっきり言ってモチベーションどころの話ではないでしょう。アベノミクスでは働き方改革とか言ってますが、もっと改善する部分は多々ある気がします。

参考:

円高になるとなぜいつもトヨタばかりがマスコミに取りあげられるのか良く分かる記事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です