【製造業】上場企業の従業員持ち株会に入るべきかどうか。持ち株会のメリットとデメリットは?

上場企業の福利厚生の一つに「従業員持ち株会」があります。給料から天引きで勤務先の株を購入できる制度ですね。弊社でも従業員の約半数が従業員持ち株会に入っていますが、持ち株会に入るメリットに(弊社の場合)10%の奨励金以上の価値があるのでしょうか。

※ちなみに私は経済的な理由もありますが、従業員持ち株会に入っていません。

従業員持ち株会のメリットとデメリット

上場企業に入社した場合、福利厚生の一環で従業員持ち株制度への加入を勧められます。上場企業であればほとんどの企業が導入している従業員持ち株制度ですが、福利厚生といえるほど従業員のメリットがあるのでしょうか。

例えば従業員持ち株制度に加入すると以下のようなメリットがあります

従業員持ち株会のメリット
  1. 奨励金が上乗せされる(10%未満ならあまりないかも?)
  2. 月数千円の小額から投資できる
  3. 会社や上司に対するウケがいい
  4. 株価が上がれば資産も増えて仕事のモチベーションにつながる

かわって従業員持ち株制度のデメリットは以下の通りです

従業員持ち株会のデメリット
  1. 株価が下がれば損をすることがある
  2. 会社が倒産したとき、資産も一緒になくなる(集中投資)
  3. 自社株は好きなときに売れない
  4. 給料(ボーナス)の手取りが減る

給料と資産形成を会社に依存する集中投資のリスク

一昔世代のサラリーマンであれば右肩上がりの給料をもらいながら、給料の一部で自社株を買い、資産形成に回すといった方法が主流だったかもしれません。ただ、すべてを会社に依存するのは勤務先の会社が潰れた場合、毎月の収入もなくなり、積み立てていた自社株も紙くずと化す悲惨な結末をもたらします。

例えば2011年の東日本大震災の影響で急落してしまった東京電力の株価は、それまで2,000円(高値は4,000円以上)を超えていたにもかかわらず、震災後は100円台前半にまで下がってしまっています。2019年8月になっても株価は500円台で震災前の1/4程度しかありません。東京電力も従業員持ち株制度があり、従業員の8割が加入しているようですが、今までせっせと積み上げてきた資産価値が1/10以下になってしまい、目も当てられません。

東京電力のように、災害や日産自動車のように不祥事等が起きれば会社の業績は一気に傾き、株価も急落してしまいます。会社から給料をもらい、金融資産を預けることがいかに危険な行為なのか分かります。

でももしあなたが愛社精神の塊(将来的に出世を目指すなど)で勤務先の業績を疑わず、将来的にも安定して株価が右肩上がりになるだろうと思うのならば、持ち株会に入っておいたほうがいいでしょう。

投資の選択肢が増えた今、あえて資産形成も含めた人生設計を会社に依存する必要もなくなってきました。

日本国内企業の中に半永久的に右肩上がりで成長する企業はほぼない

40年といわれるサラリーマン人生で勤務先の会社がずっと右肩上がりの企業はほとんどないと思います。特に私たちが社会に出た2000年代以降は不況しか知らない世代といえます。

また、右肩上がりの業績に連動するように株価も上昇するのが一般的ですが、ずっと景気がいい企業がないように、右肩上がりで株価が上昇する企業も数える程度しかありません。弊社も1年ほど前の株価は上場以降最高値を更新しましたが、今では残念ながら半額以下の株価に下がっています。

会社の業績が右肩上がりなら自社株に入って安心?

勤務先の業績に興味ない人はいないと思いますが、例えば勤務先の会社の業績がしばらくの間(10年以上)右肩上がりであれば安心して持ち株会に入れるかもしれません。ただ、1年先も読めない現代社会では会社の業績が右肩上がりになるかどうかは経営者ですら読めません。弊社も半年前に出した業績予想を大幅に下回る業績修正を出したばかりです。2019年に入ってからの経済ニュースを読んでも景気のいい話はほとんどありません。

資産形成だけが目的なら従業員持ち株会に入らないほうがいい

投資は良くわからないから全部会社任せにしたい、と思う人であれば従業員持ち株会は資産形成の手段としていい方法だといえますが、自分で考えて資産形成をしていきたいと考える人は投資信託など他の手段で資産形成をおすすめします。

ただ、会社の奨励金が15%以上であれば加入のメリットは大いにあります。さらに勤務先の企業が未上場で、今後上場する予定があるのなら上場後に株価が上がる可能性が高いため、持ち株会に入っていたほうがいいです。その場合でも余剰資金のすべてを従業員持ち株会に使うのはやめましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です