海外赴任を予定している人が株取引を継続させるためには

このグローバル社会で海外転勤や海外赴任も珍しくなくなりました。日本だけで生活していればあまり意識しませんが、株式などの運用は基本的に日本に居住している人が対象なので非居住者の場合、国内の証券会社で継続して株式の運用が出来なくなります。

私がメインで株取引をしているSBI証券の場合では

当社に証券総合口座をお持ちのお客さまが、海外勤務等の理由により一時的に出国「(本邦)非居住者」 される場合、原則「帰国されるまでの間」も当社の証券総合口座(お客さま名義)にて有価証券等をお預けいただくことができます。

とあります。ただ、具体的な手続きはSBI証券のカスタマーセンターに問い合わせる必要があります。仮に出国後に非居住者に該当することが判明した場合、取引の制限やNISA口座の廃止等の手続きが行われるとのことです。

非居住者の対象となる人はどんな人?

日本での非居住者となり、株式取引の制限を受けてしまう人は以下の通り(SBI証券より)です。

  • 外国にある事務所(本邦法人の海外支店等及び現地法人並びに国際機関を含む)に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
  • 2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者。
  • 本邦出国後外国に2年以上滞在するに至った者。
  • 1年以上にわたり日本以外に居住する者。
  • 期間の定めのない海外転勤、海外留学。
  • 上記に掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6ヶ月未満の者。(但し、上記に関わらず、本邦の在外 公館に勤務する目的で出国し、外国に滞在する方は、「居住者」として扱われます)

海外転勤や海外赴任の場合、日本非居住者となり株式取引の制限を受けてしまいます。

海外赴任等で非居住者の対象となった場合、「口座の閉鎖」が基本な対応

海外赴任等で日本の非居住者になってしまう場合、それまで証券会社で運用していた株式等はすべて売却し、口座を閉鎖することが基本的な対応となります。ただ、状況はたびたび変化しますので利用している証券会社に問い合わせする方法が確実でしょう。

海外赴任後でも株取引を継続するためには何をすればいいの?

赴任先の証券会社で口座を開く

海外赴任後でも株取引を継続するためには何をすればいいのでしょう。一番確実なのは「現地の証券会社の口座を開設すること」でしょうか。おそらくこの方法が正攻法となり一番確実です。例えば私が保有している米国株はアメリカの証券口座を開けば問題なく買えますね。

第三国の証券会社で口座を開く

例えば株式投資の売却益の税金がかからない香港などの証券会社の口座を開く方法です。赴任先が東南アジアであれば税制面で有利な香港やシンガポールの証券会社で口座を開くのもいい方法でしょう。

日本の証券会社で引き続き株式取引をする(グレーな対応)

海外赴任で日本の非居住者になることを証券会社に連絡せずに黙って株式取引を行う方法です。日本の証券会社にはインターネット経由で海外だろうとどこからでも簡単にアクセスが出来ます。黙っていればそのまま海外にいながら株式取引をすることも出来ます。日本の国税庁も海外で資産運用されて脱税されるくらいなら……と大目に見てくれるかもしれません。

ただ、正攻法ではないため自己責任で判断してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です