【2017年12月の家計簿】冬のボーナス支給があったけど、毎月の生活はぎりぎり

2017年12月の給与は先月に比べ大幅にダウン

今月も無事に給与をもらえました。それでは早速12月の給与明細を公開します。

12月の総支給額:274,535円

控除額合計:64,960円(社会保険料、昼食代込み、住民税無し)

手取り額合計:209,575円

11月の給与に比べ、手取りは大幅ダウン。今月の残業は6時間でした。なお、年末調整で所得税が足りなかったため、11,500円ほど税金が引かれてしまいました。

12月は冬のボーナスが支給!

12月は待ちに待った冬のボーナスでした。冬のボーナスの手取りは251,513円、転職1年目で満額支給ではなかったのでこの金額です。地方の中小製造企業のボーナスはこんなもんですよね。このボーナスの使い道は毎月の生活になる予定。

共働きDINKS世帯だけど、12月は大きな出費がなくぎりぎり黒字を達成した家計簿

家計簿は基本的に私の給与だけで生活費をまかなっているため、妻の収入を含めて黒字と赤字を判断していません。

12月の家計簿のダイジェスト

基本的な生活費は先月の11月とあまり変わりません。携帯電話をmineoに変更し、自動車保険をダイレクト保険に切り替えたことにより、毎月2万円弱節約が出来たはずなのに、家計簿上はぎりぎりの生活になっています。(参考:携帯電話をauからmineo(マイネオ)に変えたら8,649円も節約になった話

やっぱり手取り20万円前後では切り詰めて生活するのがやっと、という感じですね。

家計簿に載せていませんが、海外の個人年金を解約したことによりキャッシュフロー上、63万円ほどの入金がありましたが金融資産が200万円減り、現金として63万円返ってきただけです(参考:海外投資は儲からない?私が海外積立年金のインベスターズトラストを解約したら150万円も損した話

冬支度、自動車のノーマルタイヤを交換!

いま住んでいるところは冬になっても雪が降ることなく、タイヤをスタッドレスタイヤに換える必要もないのですが、実家に帰省するときに山越えをするため、スタッドレスタイヤを探していました。結局、自動車を購入してから丸4年、走行距離3万kmだったため、オートバックスで見てもらい、スタッドレスではなく、ノーマルタイヤの変更になりました。家計簿上はその他費用にタイヤ代を載せています。車は維持費が大変ですね。

 

【2017年の金融資産】270万円ほどで目標に届かず

2017年の金融資産は先日の記事(2017年の年収、貯蓄、投資はどうだった?お金で振り返る2017年と2018年の目標)でまとめていますので、そちらをご覧ください。

 

さて、2017年も終わります。この家計簿記事も今年でいったん終わりにしようと思います。もともと家計簿とか細かい数字を管理するのは苦手だったので、いい機会でしょう。

今後はもっと別の記事に力を入れていこうと思います。来年以降は更新頻度も今以上に低くなると思いますが、2018年もよろしくお願いします。

良いお年を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です