サラリーマンの副業の大本命? 中国輸入(タオバオ輸入)ビジネスは安月給サラリーマンの救世主になるのか?

 

アマゾン輸入(タオバオ輸入)を始める上でまずしなければいけないこと

アマゾンリサーチは中国輸入ビジネスの基本

基本的には中国のタオバオから安く仕入れて、日本で高く売る、というのがタオバオ輸入ビジネスの鉄則です。したがってこの中国輸入で一番大切なのはどの商品を仕入れるか、ということです。巷でよく言われているアマゾンリサーチとはこの事です。リサーチ方法などはインターネットで「アマゾン リサーチ」、「タオバオ輸入 リサーチ」と検索すればいろんな方法がヒットするので、自分にあった方法を試していくと良いでしょう。一番大事なところなので、一番時間がかかるところでもあります。

アマゾンリサーチを使って仕入れる商品の基準は「小さくて」、「軽くて」、「壊れにくいもの」になります。ただ、このリサーチ基準は誰でもしているので、競合も多く、価格破壊を起こしやすいので、あっという間に原価割れ、なんてことにもなりかねません。

タオバオ輸入の代行業者を決めておく

個人でタオバオ輸入をしている多くの人は数ある代行業者を使って中国から輸入していると思います。インターネットで検索すれば代行業者だけで数十社は出てきますので、比較しながら自分にあったものを探しましょう。ただ、代行業者を使う場合は手数料が取られますが、以下のようなメリットもあります。

  • 日本語対応が可能(中国語が分からない人は利用するべき)。
  • 物量が多いので、通常よりも安い料金で中国EMSを利用できる。
  • 代行業者がタオバオ出店者に対して価格交渉などを代理でしてくれる場合もある。
  • 検品・梱包などをしてくれる。
  • クレーム・返品対応をしてくれる場合もある。

など、さまざまなメリットがありますが、それなりに余分な手数料(為替手数料と代行手数料)が取られますので、中国語が分かる人は自分で買い付けても良いかも知れません。

タオバオ代行会社の選び方

私は利用するタオバオ代行会社をライトダンスにしました。事前に一通りの比較サイトには目を通しましたが、どれも一長一短、似たり寄ったりだったので、初回の代行手数料無料に惹かれてライトダンスに決めました。ただ、為替手数料は他社よりも高いレートなのは注意です。

使ってみた感想ですが、発注シートなどで予め初期費用が細かく計算されるところ、レスポンスが早いこと、値下げ交渉などもしてもらえること、などがグッドです(他社を使ったことが無いのでわかりませんが)。

タオバオサイトから商品を仕入れる基準や考え方

仕入れる(リサーチ)商品の基準ですが、

  • アマゾンとタオバオ(淘宝)での販売価格差が1,000円以上あるもの。
  • 中国製で、ノーブランド品であること。
  • 重くなさそうなもので壊れにくいもの。
  • 出品者数があまり多くないもの。
  • ランキングで10万位以内のもの。

できるだけ安く仕入れるためには、できるだけ安いショップ(タオバオ、アリババ)で探せばそれほど苦労しません。ただ、できるだけ安いところでも、中には粗悪品ばかり取り扱っているショップも少なくありません。正直言って中国と日本ではまだまだ品質の差が歴然です。

タオバオサイト内のショップで取り扱っている商品の9割以上はニセモノ(粗悪品含む)といわれているほどです。できるだけ粗悪品をつかまない為にするには、ショップの評価(ダイヤの数)や購入者の評価・コメントなどである程度は推測できますが、そもそも購入者の評価自体(例えば「満意(日本語意味:満足)、不錯(日本語意味:うん、悪くない!)などは、さくらなどの存在で全く当てにならないのも事実です(中国人であれば誰でも知っていること)。

それ以前に、中国人の言う「品質がいい」と日本人の品質(クオリティ)ははっきりとした差があるのも事実です。

だから中国からの仕入れは確かに値段は安いけどそれなりに粗悪品である、という前提で進めなければいけません。つまり、中国輸入ビジネスで一番恐れていた不良在庫過多に陥る可能性があるということです。

タオバオ輸入を始める上で知っておきたいアマゾンの使い方

タオバオ輸入の転売先はアマゾン経由が基本

タオバオ輸入で一番多いのはアマゾンに出店して販売するという方法です。そのためにはアマゾンで新規出店登録をしなければいけません。出店登録自体はすぐに終わりますので、あらかじめ出店登録をしておくと良いでしょう。なお、出店に際しては大口と小口に分かれているので、本格的にこれで稼いでいこうと思うならば、大口契約をするべきです。

その他、最近ではフリマアプリ(メルカリなど)が出てきたので、そこに出品する方法と言うのもあります。ただ、メルカリの場合は一商品ずつしか出品できないため、複数個の在庫がある商品などの販売には向かないかと思います。

アマゾンに出店しても、信用がゼロなので最初は売れない

無事に商品を仕入れた次はそれぞれの販路への出品作業になるのですが、もちろん新規の出品者は評価ゼロなので、なかなか売れません。しかも上記の通り、中国輸入専門のセラーは粗悪品の商品だろうと平気で出品しています。それを証拠に今のアマゾンでは粗悪な中国製品があふれています(アマゾンで中国製品を検索してみると購入者からのひどいコメントばかりが目に付きます)。

同じように最近流行のフリマアプリなどにも出品してみましたが、上記と同じように新規の場合だと評価が無く、お客が購入しづらいということになります。しかも、ちょっと調べただけでアマゾンと同じような中国輸入セラーは少なくありませんでした。ほかの方も書いているように、アマゾンは価格比較されやすい分、価格崩壊が起きやすいですが、フリマアプリの場合、1点1点の出品になるため、アマゾンより高めで売れることが多いようです。

フリマアプリのメルカリを使って効率的に販売する方法

メルカリで出品前に販売価格をリサーチすること!

あなたが売ろうとしている商品が過去どれくらいの価格で売れているのか、そしてどれくらいの頻度で売れているのか。そしてどれくらいの同業者がいるのかを把握することは中国輸入ビジネスを軌道に乗せるためにとっても大事です。メルカリでは基本的に複数在庫販売はできないので、仮に同じ商品を複数在庫で持っていても1ページでしか売れません。複数ページにわたって商品を出品するとアカウント停止処分のリスクがあります。よって、基本は1個売れたらまた商品ページを作成し、出品するというのが流れです。

商品を希望価格で売る方法

  • 送料込み、は基本。ただ、商品の中には定形外やクリックポストで送れないもので、かつ送り先が北海道や九州だった場合は不運だったと諦める!
  • 画像は分かりやすく、欠点ポイントは隠さずに載せること。
  • 商品説明は細かく記載する。
  • 出品は夜に行う。(ターゲット層が携帯を使う時間帯を狙う)
  • いいねがたくさんついても3日売れなかったら速攻で新規出品しなおす(ほんとに買いたい人はいいねをつけたあとすぐにコメントが来ます)。
  • なお、いいね、は基本的に冷やかしと思ったほうがいいです。

ターゲットは若い20~30代を狙う!

メルカリの利用者はほとんどが20~30代の若い人が中心です。そこで、若い人が好みそうな商品などを取り扱うと売れやすくなります。あとは季節モノでしょうか。夏であれば帽子など。ただ、私が思うにターゲットにしないほうがいい客層もあります。それは「主婦」です。基本、お金にうるさいし(細かい)、プライシング(モノやサービスの価格を決めること)に慣れているため、自分が決めているその商品の価値以上にお金を払おうとしません。そして、お金に細かい上に、要求も多いです。よって狙うなら勢いで買い物をする傾向にある若い世代がターゲットです。

メルカリなどのフリマアプリは面倒だが、効率化は図れる!

メルカリなどのフリマアプリでは基本的に複数在庫販売は規約で認めていません。つまり1商品で1ページです。その商品が売れたら新たに新規ページとして出品しなければいけません。この作業が非常に面倒くさいことこの上ない。そんなニーズに対してネットでは自動出品なるツールも出回っていますが、ここでは触れないでおきます。今後も使う予定はありません。ただ、この面倒くさい出品作業もEvernoteやクラウド型のアルバムフォトサービス等を利用すればある程度は効率化を図れます。

フリマアプリでの出品方法や売れやすくするためのコツ、などについては他のサイトでいくらでも情報が取れるのであえてここでは書きません。ただ、販路の一つとして可能性を秘めているので、非常に魅力的です。大事なのはターゲットによって使い分ければいいだけのこと。
メルカリ登録は以下からどうぞ↓

国内発送料をできるだけ安くするためには

中国輸入ビジネスで一番コストのかかる部分は「国内配送料」です。例えばあなたが売った商品が小さくなく、さらに購入者がすべて遠方に住んでいた場合、配送料が売り上げに対して占める割合が多くなり、かなり利益を圧迫することになります。できれば国内配送料は売り上げの1割以下に抑えるようにしましょう。

アマゾンFBAと自社発送、どちらが安いか?

アマゾンFBAを利用する場合、大きく分けて在庫保管手数料配送代行手数料の2つがあります。細かい計算は書きませんが、通常のサイズ(ダンボール100サイズ)で2kg以下であれば、出荷作業手数料が99円+発送重量手数料228円(2kg以下)なので327円(在庫保管手数料含まず)になります。この327円で梱包、出荷などすべての作業を代行してもらえるのでかなりお得といえます。普通に自社発送で郵便局などを利用してもこれくらい、またはこれ以上の料金がかかりますので、梱包・発送の手間を考えれば利用しない手はないでしょう。

参考

FBAの料金プランアマゾン出品サービス

国内配送料の価格比較(郵便局VSクロネコヤマト)

おそらく扱う商品は小物が多くなると思うので、小物商品に特化した配送方法を検討しています。その中でもクロネコヤマトのネコポスや郵便局のゆうパケットなどがメインになる予定です。具体的な価格表はまだ取り寄せ中なので詳細は分かりませんが、両社ともすでに取引があるので、それなりの価格になると予想しています。逆に高くなるようであればFBAのみの利用になります。別途、郵便局のクリックポストについても魅力的ですが、支払いがヤフーウォレットしか扱えないなど制限があるようです。

忘れてはいけない、中国品は粗悪品ばかり?

中国輸入は粗悪品の山で不良在庫になり得るリスクが大きい

中国の製品は安かろう悪かろうの世界です。中国輸入はリスクが少なくありません。値段が安いといってもせいぜい商品単価が数百円のレベル、これが数十円とかならまだうまみがあるかも知れませんが、例えば500円の単価の商品をアマゾンで2,000円で販売したとして、一見、原価率はかなり低いように見えますが、上記の通り、10個仕入れてそのうち3個が不良品(粗悪品)であった場合、原価はそれだけで700円オーバーになります。そこから更に国際配送料や代行会社の手数料、アマゾンの手数料や国内送料などを引くと手間のかかる仕事の割りにいくらも手元に残りません

余談ですが、代行手数料を省くために自分で買い付けをしたらコストを抑えられるでしょうか。結果から書きますと、コストを抑えられます。ただ、そこに力を入れるなら、ほかのところに力を入れるべきでしょう。なぜなら単価の安い商品であれば抑えられるコストがせいぜい数十円レベルだからです。仕入れ価格なんて高が知れています。そこで10%程度の代行手数料を抑えるために自分で買い付ける意味はあるのでしょうか。タオバオショップオーナーとの交渉、配送手配、送金などの手間を考えるとやはり割に合いません。ただ、国際配送だけを請け負う代行業者もあるので、語学が堪能で興味がある人は挑戦して見てもいいかも知れませんが、おすすめはしません。なぜなら、中国現地で検品ができないからです。検品ができないということは、送られてくる商品すべてが不良品の可能性があるということです。ちなみにほとんどの代行業者は簡易検品を無料でしています。

ではどうすればタオバオ輸入だけで稼げるようになるのか

おそらくですが、タオバオ輸入で稼いでいる人は物販だけで稼いでいるわけではなく、本を出したり、ブログを書いたり、その積み重ねてきた経験を情報商材として売って稼いでいる(素人向けコンサルティング業務)のでしょう。そもそも一人だけの物販だけでは限度があります。もし、タオバオ輸入で稼ぎたいというならば、はっきり言ってタオバオ商品をアマゾンに横流ししているだけでは稼ぐことはできないでしょう。本気でするなら、タオバオ輸入を足がかりにして、自分で中国工場にOEM生産委託をして、独自ブランドを作って販売するところまでいかないとほかと差別化できないと思います(すでにそこまでしている人も少なくありませんが)。

中国輸入はあまりおすすめはできませんが、それでもしたいと思う人へ

いま現在、仕事を持っていて、副業感覚で月に1~3万円前後のお小遣いが欲しいという人であれば、たぶん中国輸入は誰がやってもそれくらいは稼げると思います。ちょっと調べればネットでいくらでも情報が手に入るのでその通り忠実に実施すればそれくらいは稼げると思います。あとはやるか、やらないかだけです。

ただ、中国輸入転売と聞いて「胡散くらい」、「詐欺じゃない?」と少しでも思うのであればこの副業はお勧めしません。おそらくそういう考え方の人は後々の罪悪感で潰れていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です