【2017年11月の家計簿と金融資産】イレギュラーな出費が重なりあっという間に赤字家計

 

2017年、11月の給与は先月とほぼ横ばい

今月も無事に給与をもらえました。それでは早速10月の給与明細を公開します。

11月の総支給額:281,750円

控除額合計:53,627円(社会保険料、昼食代込み、住民税無し)

手取り額合計:228,123円

10月の給与に比べ、手取りはほぼ横ばい。今月は残業も10時間程度でした。

共働きDINKS世帯だけど、イレギュラーな出費が重なり赤字家計へ

11月の家計簿のダイジェスト

基本的な生活費は先月の10月とあまり変わりません。ただ、11月はインフルエンザの予防接種や、日用品代、劇団四季のチケット予約などがあり、4万円ほどの赤字になり自分の給与だけで生活費をまかなえませんでした(トータルでは黒字)。

やっぱり手取り20万円前後では切り詰めて生活するのがやっと、という感じですね。

11月は自動車保険を解約、12月から新しい自動車保険へ

いままで家計を圧迫していた自動車保険を更新の機会に変更しました。

【家計改善術】事故有係数車両でもできるだけ自動車保険料を安くしたい!一括見積もりをしたら保険料が1/3まで下がった!

これで来年の1月から毎月約8,000円の節約になります。先月は携帯電話をauからmineoに変えたので、携帯電話と自動車保険をあわせたら毎月約15,000円以上の節約になります。

 11月のアフィリエイトも一進一退

今年の目標をブログだけで月1万円稼げるようにする、としたはいいものの、まだグーグルアドセンスで小銭を稼ぐのみで、月1万円にはまだ程遠いのが現状。

【金融資産】株式市場好調だったけど前月比マイナス

11月の金融資産状況は、毎月の積立以外とくに大きな変化はありませんが、積立は45,000円なので実質の金融資産はマイナスとなりました。11月29日時点の含み益は88,124円なので、今年のリターン(利回り)は4.17%ほどになります(IBMの損失がなければリターンはもっと高かったのですが)。

毎月の定期積立は日本の投資信託で、SBI証券を利用し、ひふみプラスとニッセイ外国株式インデックスファンド、三井住友・DC外国債券インデックスファンドをそれぞれ積立しています。

NISA 投資信託 日本円 612,797円
先月比 +61,409円
ドル 606,023円
先月比 -9,712円
特定口座 ドル 979,774円
 先月比 -15,131円
合計 2,198,594円
先月末比 +33,628円
合計損益 +88,124円

2017年も残り1ヶ月、NISA枠もあと9万円しか積み立てられません。来年の2018年のNISAはインカムゲインだけではなく、株式の値上がり利益(キャピタルゲイン)を狙えるETFを中心に買い付けしていく予定です。

米国株の分配金の合計は161.71ドル

米国株・ETFからの分配金は先月末比プラス20.57ドル(約2,260円)となりました。これで今年の米国株の分配金と配当金は合計182.28ドル(約20,000円)になりました。平均して毎月2,000円の分配金をもらえている計算になります。

2018年は配当・分配金で年間10万円を目指します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です