【超初心者向けおすすめ資産運用】投資は株だけじゃない、30代からはじめたい「セゾン投信」

テレビでは税金や年金の暗い話ばかり。将来に不安を抱えているけど、投資なんて難しそうでなにから始めればいいか分からない。

そんなことを考える人も多いと思います。このままでいいのだろうか、周りに取り残されないためにいま私は何をすればいいのでしょうか?

投資初心者は株を買ってはダメ!投資はギャンブル?

投資=株

ではありません。株が投資の一種類というだけなのです。もちろん、以下で紹介するセゾン投信も投資の一種類です。

株=損

これは合っています。私の親も株の運用で生活していましたが、真似できるものではありませんでした。「株なら簡単にお金を稼げる」と馬鹿な夢を見て、過去何度もやけどを負っています。結局、株でお金を稼ぐことは出来ませんでした。

株でお金を稼げない理由は、専門的な教育を受けてこなかった素人の私たちがどうやってもプロに勝てないからです。面倒になって「じゃあ運用もプロに任せちゃえ」と思ったのが投資信託を始めたきっかけです。

投資はよく「パチンコのようなギャンブル」と混同されがちですが、まったく違います。

投資…資産を生みだす資本に資金を投じること。長期的な運用が基本。投資信託など。

投機…お金を生み出してくれる「機会」に資金を投じること。短期的な運用。ビットコインなど。

ギャンブル…投資、投機と異なり主催側(胴元)がおり、参加するために運営料が高額。資産運用、利殖目的よりも遊行目的が大半で、短期的思考。競馬やパチンコなど。

投資初心者が資産運用のために投資信託を選ぶなら手間要らずな「セゾン投信」がおすすめ

株を買って資産(お金)を運用するのは面倒です。株を買おうと思うと、経済のこと、政治のこと、世界情勢、流行、四季報や企業のことなど多岐にわたる分野を勉強する必要が出てきます。

仕事で忙しく投資なんて勉強している暇がないのがいまの現代人です。たしかに投資をしなくても身体が動くうちは働き続ければお金を稼げます。

しかし、投資を始めることによって「お金のために働くのではなく、お金があなたのために働く」ことが分かってくると、もしかしたら将来はお金の心配がなくなっているかもしれません。

日本で販売されている投資信託だけで6,000本以上もある!

投資信託協会の数字で見る投資信託によると、2017年10月時点で販売されている投資信託の数はなんと6,000本以上になります。

それぞれの投資信託にも株式中心や、債権中心などの特徴がありますので、「この投資信託を買えば大丈夫!」という投資信託はありません。しかも、販売されている投資信託で優良投資信託とされるのはほんの一握り。

投資信託を6,000本の中から選ぶだけでも大変ですが、投資信託を買うためには証券会社の口座を開いたり、手数料体系を確認したり、リバランスが必要だったり、税金のことも考えなければいけません。手軽に分散投資を売りにしている投資信託でも「それなりのお手入れ」は必要です。

楽をするための投資信託なのに、投資信託のために時間を使うなんて本末転倒!

投資信託を選ぶなら

「わかりやすくて、ラクじゃないと意味ない!」

ですよね。仕事で忙しいサラリーマンやOLならなおさらです。だから私は一回買ったらそのままほったらかしで資産運用ができる直販型投資信託のセゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを選びました。セゾン投信では株式投資100%のセゾン資産形成の達人ファンドという投資信託も販売しており、セゾン投信で買えるのはこの二つの投資信託になります。

投資信託を選ぶなら「時間を取られないこと」「小額で投資できること」「(投資信託の販売会社が)顧客の利益を第一に考えていることを基準に選ぶことをおすすめします。決して、近所の銀行員がお勧めしている投資信託を買ってはいけません。

セゾン投信は「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」に9年連続ランクイン!

セゾン投信は「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」で2008年の第一位を皮切りに9年連続、トップ10入りを果たしています。おそらく2017年でもトップ10以内に入ってくるでしょう。

追記:2017年は残念ながら11位という結果でした。

セゾン投信が資産運用の初心者に選ばれる理由(私がセゾン投信を選んだ理由)

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Yearでセゾン投信が選ばれる理由を一部抜粋します。

サブファンドがバンガード社で「安定している」こと、株式は30ヶ国以上、債券は10ヶ国以上に「分散投資が出来る」こと、投資哲学がしっかりしており、「個人投資家の長期投資を考えている」の3点です。また、さらなる信託報酬引き下げに期待して投票させて頂きます。

このセゾン投信は、「一つのファンドで世界中に分散投資」をすることが出来ます。

私がセゾン投信を選んだ理由は、分散投資もその理由ですが、一番の理由は「手離れのよさです。つまり、投資のことが何も分からない初心者でも、セゾン投信で自動積立の設定だけしておけばほったらかしで資産運用できること。資産運用の初心者におすすめな投資信託です。

セゾン投信にほったらかしのお金の積立は8ヶ月でいくら増えた?

私は2017年の3月からセゾン投信で3万円を積み立ててきました。2017年10月で積立開始から8ヶ月が過ぎ、セゾン投信にログインしてみました。

積立したお金は8ヶ月で24万円ですが、利益(増えたお金)は+12,197円になってました。これを年利(1年間、お金を預けていた場合にもらえる金利)に換算すれば、5.08%にもなります。

三菱東京UFJ銀行などの大手銀行の利息金利は普通預金で0.001%なので、24万円を同じように銀行に預けていたら1年経っても2.4円にしかなりません。銀行の普通預金に比べ、5,000倍(!?)もの開きがあります。

例えば、銀行に100万円預けていても、1年後の利息はたったの10円にしかなりませんが、セゾン投信に預けていれば、5万円になっている計算です。もちろん、投資信託も元本保証ではないので、5%の利回りを保証していません。でも銀行だったら、「1回の時間外取引の手数料」ですでに元本割れ(マイナス)ですね。

銀行に預けているお金は増えないけど、減らないの?(元本保証)

仕事をして一生懸命に貯金して銀行に預けたお金は減らないのでしょうか? 以前、会社で働いているだけでは一生貧乏? 30代前半からお金に働いてもらう感覚を身に着けよう!という記事の中で以下のように書きました。

スーパーに行って100円出せば買えていたチンゲン菜が102円出さないと買えなくなってしまうのです。そんな小さな話はどうでもいい? 安いスーパーに行けばいいでしょ? と考えるのなら安いスーパーに行けばいいです。でもその安いスーパーで買えていた98円のチンゲン菜が100円に値上がりしていたら? どちらにせよ、あなたの財布から2円、余分に支払うことに変わりません。

知っての通り、アベノミクスでは物の価格(物価)を必死で上げようとしています。いま1,000円で食べられるランチが近い将来、1,000円で食べられなくなるかもしれません。再来年の10月には消費税が10%に上がるし、私たちの生活はお金を増やす道を考えなければどんどんきつくなっていきます。

30代の忙しい社会人こそ、投資に時間をかけない方法を考えたい

セゾン投信は投資(資産運用)に出来るだけ時間を取られたくない忙しい社会人(30代~)におすすめな投資方法です。なんといっても自分ですることが無いのですからね。
【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】
※投資判断は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です